Page Top
MENU
CLOSE
  • TOP
  • プロフィール
  • 作品紹介
  • 有生子のエッセイ
  • 撫子のポエム

有生子のエッセイ

<note>あなたはひとりじゃない~人形劇『世界の果て、ふたり』

2020/12/31(木)
noteに、ある人形劇を紹介しました。

コロナ禍に喘いだ2020年。
大晦日の今日、東京の陽性患者発生数は1337人に跳ね上がったそうです。
人数に一喜一憂するのはどうかと思いながらも、ためいきが出てしまいました。

マスクを必要とせず、人と人とが会い、話し、思い切り歌える日が、
一日も早く戻ることを願っています。


クリスマスに寄せて、たくさんの感謝を。

2020/12/25(金)
喪中はがきを送って、ひと月近く。
たくさんの方々から、様々な「便り」が届いた。
メールやLINEだけでなく、直接電話をかけてくれたり、長い手紙を送ってくれたり。
はがきの文章そのものをほめて下さる方や、しみじみ何度も読み返して下さったという方も。
皆、母を亡くしたわたしに共感し、心配し、励ましてくれた。

はがきが届いてすぐ、携帯にメールを送って下さった小学校時代の恩師の言葉には、
思わず涙がこぼれた。
「ゆいちゃん、名文です!」から始まって(先生は、子供の頃からいつもほめて下さるのです)、
これまでの遠距離介護のことなどをねぎらい、最後はこう締めくくられていた。
「しばらくゆっくりしなさいな」

もう名古屋に通うこともなくなり、ゆっくりできるはずなのに、
あれこれと仕事や用事を作って気忙しくしていた自分を振り返り、はっとした。
ゆっくりすることが怖いのかもしれない、初めてそう思った。
時間があればあるほど、考えてしまう。
母の面影を探してしまう。
そうでなくとも、わたしの口癖は、
「お母さんがこう言ってたよ」
「これはお母さんが好きだった」
「お母さんならこうすると思う」
夫は、何も言わず聞き流してくれている。

母との思い出を語ってくれた友人も何人かいた。
家に泊まったとき、干したてのふかふかの布団を出してくれた、とか、
母の料理は品数が多く、いつも食べきれないほどおかずがあった、とか。
なかでも、短大時代の友人からの手紙は胸が詰まった。
読んでしばらくして、ああそんなことがあったな、とぼんやり思い出したけれど、
わたしはこの出来事を、すっかり忘れていた。

23,4才の頃だったと思う。
仲の良かった友人のひとりが軽井沢で結婚式を挙げることとなった。
わたしたちはそれぞれ最寄りの駅から同じ始発に乗り、
同じ車両で落ち合う約束をしていたのだが、
その朝、乗り込んできたのはなんと母で驚いたという。
「ご~めんねぇ!、有生子、寝坊しちゃって。あとの電車で行くね」
まだ携帯電話などなかった時代。娘が寝坊したことを伝えるために、
自ら早朝の電車に飛び乗った母に、友人はとても感動したと綴っていた。
母はわたしに代わり、何度も謝っていたらしい。

「思い立ったら、すぐ行動」
そんな人だった。
寝坊しつつも、起き抜けでもたもたする娘をしり目に、
間に合わないと判断するや否や、さっと自転車に飛び乗った母の姿が浮かぶ。

いつもパワフルで、どこへ行くにも自転車で、
朝は家族の誰より早く起き、夜は誰より寝るのが遅かった。
だからよく、キッチンの椅子で、ラジオを聴きながらうたた寝していた。

母はわたしに、「ぼーっとする時間がないといかんよ」とよく言っていた。
のんびり、ぼーっとしていないと、アンタらしくなくなるから、と。

うん、のんびり、ゆっくりするわ。
先生にも同じことを言われたよ、お母さん。

今日、12月25日は母の誕生日。
父との結婚記念日でもある。
今ごろは向こうでふたり、一緒に祝っていることだろう。

わたしは、母の好きなシクラメンに水を遣り、
洗濯を干して、空を仰いだ。

2020年のクリスマスが過ぎていく。


二枚の喪中はがき

2020/11/25(水)
昨年、父を亡くした。
喪中はがきを作る段になって、父のことを書いておきたいと思った。
続けて今年、母を亡くした。
同じように喪中はがきを作ろうとして、何度も手が止まった。
父と同じように、母の若い頃のエピソードについて書けばよかったのかもしれない。
画家の娘として育った話や、新聞記者を諦めた話、短大を卒業後もゼミの先生との読書会を何十年も続けていたこと、字が綺麗だったこと、漢字やことわざは辞書を引かずとも母に聞けばすぐにわかったこと・・・
けれど、どうしても、この日のことを書きたかった。
真っ先に浮かんだのは、このときの母の姿だったから。
刷り上がったものが、今日、自宅に届いた。

今度は、宛名を早く書かなければならない。
住所録をデータにしておけばよかったと、
今年も同じことを思いながら、
母のものと、父のもの、
二枚の喪中はがきを並べて、
また、書く手が止まっている。

煮りんごとクリームチーズのパン

2020/11/18(水)
今日はぽかぽか陽気(最高気温25度!)だったので、
『煮りんごとクリームチーズのパン』を焼きました。
パンの先生に教えてもらったばかりのレーズン酵母で。
酵母が生き生きと活動するのは、ちょうどこのくらいの25度らしいです。

人も酵母も、同じなんだな。
折しも、コロナの第3波が加速しているというニュース。

酵母は、瓶のなかやパン生地、閉ざされた場所でしか生きられない。
コロナウィルスも、酵母として生きられたらいいのに。
人にやさしい酵母なら、人と共存できるのにと身勝手に思うのは、
わたしが「人」だからです。

<note>初恋は美しくほろ苦く~東京国際映画祭・映画『ムクシン』

2020/11/12(木)
観た映画について、書くのがついつい遅くなっています・・・。

観たのは、11月2日(月)夕方。オンラインのトークサロンは、11月6日(金)の夜でした。

<note>心の声が聴こえる映画~『82年生まれ、キム・ジヨン』

2020/11/5(木)
noteに書いたものです。
小説を読んでいましたが、映画は小説を軽々と超えてました。

2020年10月16日の文章です。

<note>『くまもと復興映画祭』へ。ハードルを越えた週末

2020/11/5(木)
noteには、映画や小説などについて書いています。
ここにも、載せることにします。

2020年10月8日の文章です。

焦げたご飯

2020/10/26(月)
金曜日、うっかりご飯を焦がしてしまった。

わが家は小さな鍋でご飯を炊くのだが、強火のまま、沸騰した後で弱火にするのを忘れ、
気づいたときには鍋底にお焦げがびっしりとこびりついていた。
一方で、なかのお米(玄米1合、白米2合)は半煮えという最悪の状態である。
炊き直そうと急いで別の鍋に移し、焦げた米を剥がそうとしても、
鍋底に張り付いたまま一向に剝がれない。
そのお焦げと格闘しながら、わたしは妙に納得していた。
昼間のことが頭から離れないせいだな、と。

午後、仕事をひとつ断りに行った。
わたしにとってはとても大切な、やりがいのある仕事で、
できることなら続けたかったけれど、いろいろあって「もうやめよう」と決めた。
さんざん悩んだ挙句の決断だから、後悔はしていない。
ただ、理屈では割り切れない想いが澱のように溜まったまま、胸の底にこびりついていた。

鍋から無理に剥がそうとするのはやめ、水につけてしばらく放置することにした。
焦げたご飯は、夕飯が終わった頃にはすっかりふやけて、つるりと取れた。

そうだ、ふやかせばいい。
時間をかけてゆっくりと。潤すものはなんだっていい。
とりあえず、モンブランを投入した。
読みたい本がたくさんある。映画も観に行こう。
いつかはわたしの気持ちも、つるりとなるはず。

月曜日。
ご飯は、ふっくらと炊けた。
今晩のおかずは、サンマだ。

2000年~the second decade ①『陰の季節』

2020/10/18(日)
2000年5月1日夜9時から、ゴールデンの時間帯で初めて、シナリオを書いたドラマが放送されました。
TBS月曜ドラマスペシャル『陰の季節』(のちに月曜ミステリー)。
念願の「ゴールデンデビュー」です。
プロット(※ストーリーのあらすじ)の依頼が来たのは、98年の秋頃。横山秀夫さんの原作小説が「オール読物」に掲載されてまもなく、だったと思います。
2時間ドラマの全盛期だったこの頃には、企画を通すためのプロットだけを担当する「プロットライター」がいました(今もいると思います)。脚本家志望か、デビューしたての新人がその役割を担っていたのですが、アイデアを駆使してストーリーを構築し、企画を成立させても、実際のシナリオは名の通った脚本家が書く、という「下働き」のような役割です。しかもそのほとんどが、ほんのわずかのギャラだけで、著作権はおろかクレジットに名前すら出ません。
98年99年は、がむしゃらでしたが、プロットだけの仕事は請け負わないと心に決めていました。自分の考えたプロットを他人がシナリオにするなんて、そんな惨めで悔しいことはないからです。

だから制作会社のTプロデューサーからこのお話を頂いたとき、「シナリオを書かせて頂けるなら書きます。プロットだけならお断りします」と、新人ならおそらく誰も口にできないことを言い、交渉しました。
「そうか」と、Tプロデューサーは少し考えて、「わかった、じゃあこうしよう」と、条件付きの約束をしてくれました。「プロットが局に通ったら、試しにシナリオをキミに書かせるよ。その第一稿がよかったら採用する」

『陰の季節』は短編です。二時間ドラマにするには話のネタが足りません。
ほかの短編(同じ横山秀夫さんの、主人公が違う別の話)を合わせて構築する必要がありました。とても難しかったけれども、原作の「誰も死なない」ストーリーは魅力的で、脚色の作業はとても面白かった。振り返れば、この原作との出会いは、わたしにとってとても幸運でした。もちろん、プロデューサーのTさんとの出会いも。
TBSで企画が通り、約束通り、シナリオを書かせてくれたTさん。第一稿で採用を決めて頂き、わたしの力を信じて下さいました。決定稿をあげた日は、N監督(N監督はその後スケジュールの都合がつかず、次のパート2「動機」から監督として参加。横山秀夫さんの原作を見つけて「この話をドラマにしたい」と、Tプロデューサーと動いた方です)と、三人で赤坂のそば屋へ。祝杯をあげながら「いいよ、いいホンだ。よくがんばったな」と、Tプロデューサーはもちろん、厳しいN監督も、何度もほめて下さいました。ほんとうに、嬉しかった。わたしの脚本家人生で、もっとも幸せな記憶です。

放送の翌日。局から高視聴率(18.5%)を祝う花籠が自宅に届きました。
狭いアパートの部屋には不釣り合いなほど大きな籠で、色とりどりの花たちはとても素敵でした。当時はまだスマホはなく、アナログの「映るんです」を買いに走って、何枚も写真を撮ったことを憶えています。
さらに嬉しいことに、この作品で、放送文化基金賞も頂きました。授賞式用にデジカメを買い、ロングドレスも奮発しました(笑)
お花もドレスの写真もどこかへ消えてしまったけれど、新調したデジカメを手に、パート2の撮影現場で撮った二枚を。
主演の上川隆也さんの右隣がTプロデューサー。もう一枚、中央がN監督です。

『陰の季節』はシリーズ化され、パート6まで書かせて頂きました。
わたしの脚本家としての道を拓いた作品です。

(ドラマ)
『陰の季節』(TBS月曜ドラマスペシャル/月曜ミステリー)1「陰の季節」2「動機」3「密告」4「失踪」5「事故」6「刑事」

ごあいさつ

2020/10/8(木)
2020年5月末、放送作家の事務所「CAMEYO(カメヨ)」を退所しました。
気づけば20年以上もお世話になり・・・高校生クイズ、箱根駅伝など、
たくさんのお仕事を経験させて頂きました。ほんとうに感謝しています。

6月1日より、個人事務所『Træhave(トレへーヴェ)』で活動しています。
デンマーク語で、「træ」は「木」、「have」は「庭」を意味します。
そう!「木庭」です!
これを機に、名前を浅野から、夫の姓の木庭(こば)に改めました。

7月に母を亡くし、このサイト開設が予定より大幅に遅れてしまいましたが、
新しいスタートを母も、昨年他界した父も、励まし見守ってくれていることと思います。



2020年10月8日                             

                                    木庭有生子






© traehave All right reserved.
powered by cheltenham software